減量ダイエットのための食事 重さ?カロリー?

減量ダイエットのための食事メニューを決める方法として、このサイトでは、食べ物の重さを重視する方法を紹介してきました。

本来はカロリー計算をして食事メニューを決めた方がよいのかも知れませんが、実際、多数のボクサーが食べ物の重さで食事メニューを選ぶことで減量に成功しています。

食べ物の重さで食事メニューを選ぶ(食事の重さを軽くする)ことで、結果的には摂取するカロリーも抑えられ、減量やダイエットに成功するのだと思います。

減量ダイエットのために、食事のカロリーを重視するか、重さを重視するかについて、テレビで見た二人の世界チャンピオンの話を紹介しようと思います。


2011年3月、元WBC世界フライ級王者・内藤大助さんと、WBC世界ミニマム級王者になったばかりの井岡一翔選手の対談番組が放送されていました。

番組の中で、内藤さんが、「減量はどうしてるの?」と井岡選手に尋ねました。

井岡選手は、食べ物の重さに注意して減量している、と答えた所、内藤さんは「それ違うよ!」と即座に否定しました。

内藤さんも昔は食べ物の重さで減量していたそうですが、世界タイトルを争うようになって栄養士の先生にカロリー計算をしてもらうようになってから、量を食べてもスーっと体重が落ちるようになったそうです。

井岡一翔選手にも、カロリー計算をした減量方法を勧めていました。

やっぱり、摂取カロリーを減らすことが、体重を減らす一番の方法なのでしょう。

しかし、一般の方や、世界レベルでない多数のボクサーにとっては、正確にカロリー計算された食事によりダイエット・減量することは難しいですよね。

食べ物のカロリーはネットでも調べることができますが、調理に使う油や調味料の種類や量によってもカロリーは変わってしまうので、概算のカロリーしかわかりません。

一人暮らしのボクサーが食べるもののカロリーを正確に把握することは非常に難しいと思うのです。

そこで、食べ物の重さで食事メニューを決めることにより、

・食事により増える体重を抑える

・食事の重さを軽くすることで結果的に摂取カロリーも減る

ことが期待できるのです。

内藤大助さんのように、栄養士の先生が協力してくれるような場合は、カロリーを元にメニューを決めて減量ダイエットするとよいでしょうが、そうでない場合は、簡易的な手段として、食べ物の重さでメニューを決める減量ダイエット方法をするとよいでしょう。

多数のボクサーがその方法で減量に成功していることからもわかる通り、その方法でも十分に効果があるはずです。

2012年8月2日の「ダウンタウンDX」で、井岡一翔選手が、「ボクサーあるある」として、「カロリーではなく食べ物の重さばかり気にする」という話をしていました。

年を取ると体重が落ちにくくなってカロリーを気にして減量した方がいいと教わったけど・・・、と、恐らくは内藤さんとの対談の話もしていました。

世界チャンピオンレベルでも、やはりボクサーの減量といえば、相変わらずカロリーより重さで減量するのが主流のようです。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。