「減量」と「ダイエット」

ボクサーの減量と、一般の方のダイエットには共通点・相違点があります。

共通点としては、ダイエット減量も、体脂肪を減らす事を目的とする事が挙げられます。

相違点としては、以下のような点が挙げられます。


減量はより「体重を減らす」事に重点を置くのに対し、ダイエットは「体脂肪を減らす」事に重点を置く事が挙げられると思います。

極端な事を言えば、ボクサーの減量の場合、計量の瞬間だけ、決められた体重内に収まってさえいれば、体脂肪率が高くても、見た目がポッチャリしていても構わないわけです。

一般の方のダイエットはそうではありませんよね。

見た目にバランスの取れた体型になる、体脂肪率を減らして健康になる、というのがダイエットの重要な目的です。

もちろん、ボクサーが減量するのは、自分にとって一番動き易い体で試合に臨み、試合に勝つ事が最大の目的ですから、体に余分な脂肪をつけたままリングに上がるボクサーは非常に少ないですが。

また、脂肪を落としきってしまった後、まだ体重がオーバーしていたら、ボクサーは水分を落として計量にパスしようとします(脂肪を落としきっていない場合でも、楽をするために計量直前にサウナで水分を抜く選手もいます)。

そのような方法は一般の方には無意味でしょうし、危険もありますのでお勧めできません。


脂肪を落とす、という点ではボクサー減量ダイエットも同じですから、ボクサーの減量方法のうち、ダイエットの参考になる部分を中心に書いていきたいと思います。