目標体重にピッタリ合わせる方法

ボクサーは、計量時に目標体重ピッタリに合わせる選手が非常に多いです。

どうして目標体重と100グラムもずれる事なくピッタリ体重調整できるのでしょうか?

実はそんなに難しい事ではないのです。

一般の方のダイエットでも簡単に真似できる方法ですので、是非参考にして下さい。


ボクサーが正確に目標体重減量できる一番の理由は、頻繁に体重計に乗る事です。

まず朝起きたら体重を計り、ロードワークを終えたら体重を計り、ジムワークの前後、入浴の前後、寝る前、人によっては食事の前後、トイレの前後にも、とにかく体重が変動する事をする前後には必ず体重を計り、それを記録します。

それを続けると、
・一晩眠るとどのくらい体重が減るか?
・どの程度の運動でどのくらい体重が減るか?
・食べ物の重さ
・季節や気候による体重の変動
などに敏感になってきます。

体重と食べ物の重さに敏感になると、今現在の自分の体重がほぼ正確に把握できるようになります。

仕事中でも、「家を出る時は○キロだったけど、通勤で汗をかいて×グラム減って、昼食で△グラム増えて、○時間の仕事で×グラム減って・・・、今は何キロだ!」と計算できるようになるのです。

ダイエットと言えばカロリーが最重要視されますが、単純に考えれば、飲み食いした物の重さ以上に体重が増える事は絶対にあり得ません。

100グラムの脂肪を食べても、100グラムのコンニャクを食べても、100グラムの水を飲んでも、増える体重は最大100グラム未満です。

頻繁に体重計に乗る習慣を付け、食べ物の重さを気にするようにすれば、誰でも自分の体重をコントロールしやすくなるでしょう。

まずは、カロリーコントロールをして厳しいダイエットを行う前に、頻繁に体重計に乗る習慣を付け、食べ物の重さを気にする事から始めましょう。

体重計はできるだけ細かい単位(できれば50グラム単位くらい)で正確に計れる物がいいですよ。

また、体重だけでなく、体脂肪率も把握できる体脂肪率計を持っておけば、目標体重を決めるのにも役立つでしょう。