ボクサーの減量メニュー2(試合直前)

試合まで1週間を切ると、ハードな練習はせず、これまでの練習の疲れを取り、ジムワークは体重とコンディションの調整が中心になります。

この時期には、軽い練習でも汗がたくさん出るようにサウナスーツを着込んで運動するボクサーが多いですが、一般のダイエットなら、動き易い格好で運動するのがいいと思います。

この時期にはついに朝・昼の食事も減らします。


量は減らしても、バランスよく栄養を摂る必要があります。

朝はウィダーインゼリー、昼はカロリーメイト、夜はプロテインドリンク、というメニューの事が多かったです。

特にカロリーメイトは、1本100キロカロリーでわずか20グラム、4本食べても400キロカロリー・80グラムだったので、「軽いのに動ける」いいダイエットメニューでした。

味も何種類かあるのでそれほど飽きる事もありませんでした。

昼食をカロリーメイトだけにする、というのは、一般の方のダイエットにもとても有効な方法だと思います。

ボクサーこの時期には水分も少しずつ減らすのですが、一般の方のダイエットでは水分を減らすのは止めた方がいいでしょう。

汗で排出されるのは水分だけでなく、ミネラルや塩分も排出されますので、水分補給はスポーツドリンクがよいと思います。

ただ、スポーツドリンクには糖分も含まれていますので、飲みすぎには注意して下さい。

バランスよく、3食とも食べる量を減らし、最後は体から水分を抜いてボクサーは計量、そして試合を迎えます。