脂肪を効率よく燃やすために

減量中はできるだけ効率よく脂肪を燃やせるように工夫をしていました。

一般に、有酸素運動を始めてから約20分程度は脂肪は燃焼しない、と言われていますが、脂肪を効率よくエネルギーに変える(脂肪を燃えやすくする)飲み物や食べ物があります。


まずは唐辛子に含まれるカプサイシン

カプサイシンを摂ることで、体脂肪が分解しやすい状態になるので、僕は昼食に辛い物を食べたり、ジムワーク前にカプサイシンサプリメントを飲んだりしていました。

それから、コーヒーやお茶に含まれるカフェインも、脂肪の燃焼を効率的にしてくれます。

ジムワークを始める少し前に、ブラックのコーヒーを飲んでジムへ向かったりしていました。

ただ、カプサイシンカフェインも刺激が強いので、減量末期の空腹時には摂れませんでした。

どちらも摂り過ぎると眠れなくなりますし。

そんな時は、マラソンの高橋尚子選手のCMでもお馴染みのドリンク「VAAM(ヴァーム)」を飲んでいました。

このドリンクは体脂肪を効率的にエネルギーに変えることを目的に開発されたものです。

ダイエットのために同じ運動をするのなら、効率よく体脂肪を燃やしたいものです。

運動前のカプサイシン又はカフェイン又はVAAM、自分に合ったものを摂ってから運動すると、ダイエットの効率もよくなると思います。


他にも、ダイエットを目的にしたサプリメントも色々ありますので、自分にあったものを探して活用して下さい。