実践編3:計量日を迎える

いよいよ計量日がやって来ました。

計量時間がやって来たら、家族や友達を呼んで、みんなの前で体重計に乗りましょう。

みんなの前で体重計に乗る、と決めておけば、ダイエットのモチベーション維持にもつながります。


体重計に乗って、目標体重をクリアしていたら「計量パス」です。

世界タイトルマッチなどでは、ボクサー計量をパスした瞬間、取材陣や関係者から拍手が沸き起こります。

あなたも、計量を見守ってくれた家族や友人のみんなに暖かい拍手をしてもらいましょう。

さあ、これで一旦ダイエットは終了し、目標をクリアした自分へのご褒美としておいしい物を食べて下さい。

家族や友人に奢ってもらうのもいいですね。

多少のリバウンドには目をつぶります。

ただし、食べ過ぎて元の体重より重くなることがないようにだけは気をつけて下さい。

ダイエットが上手くいくと、体を軽く感じたり疲れにくくなったり健康になったり、体重の減少以外にもいろいろいいことが起こりますので、リバウンドして元に戻るのは勿体無い!という思いが生まれ、次回のダイエットに向かうモチベーションになるはずです。

一度減量ダイエットに成功したら、後は何ヶ月か毎に、少しずつダイエット期間を伸ばし、目標体重を下げていって繰り返してみて下さい。

きっと試合の時のボクサーのように、一切の無駄がなく、最高に動きやすい、健康で機能的な体が手に入ると思います!






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。