特集・内藤大助対亀田大毅戦感想


2007/10/11


熱くなりましたが、少し不満も残った試合でした。

KOして欲しかったなあ。

何はともあれ、内藤大助選手は頭から突進して来るやりにくい亀田大毅選手を相手に、よくあんなに冷静に戦えたなあ、と感心しました。

さすがはチャンピオンですね。


亀田大毅選手も、想像以上に強かったです。

あの「自分のフックが当たる距離までパンチを出さずにガードを固めて頭から突っ込んでいく」というスタイルの守備力の高さを改めて思い知らされました。

あれだけ防衛的なスタイルの選手をKOするのは難しいですね。

ただ、見ていて面白いスタイルではないですし、あるレベル以上の相手に勝つのは難しいでしょうし、それに、ボクシングにならない。

試合前に「負けたら切腹する」と言っていましたが、多分亀田選手の価値観では「負けていない」ということになるんだと思います。

あのスタイルでは勝てないこと、今回の試合に完敗したことを認めないと強くなれないような気がするんですが・・・。

解説の鬼塚氏、「デビューして1年半の選手とは思えませんねえ」と何度も言ってましたが、僕らは別にデビューして1年半の選手の試合を見ているんじゃなく、世界タイトルマッチを見ているんです。

デビュー1年半の選手とは思えなかったかも知れないけど、世界タイトルマッチのリングに上がるレベルの選手ともとても思えませんでした。



すみません、元無名ボクサーの分際でちょっと熱くなりすぎました・・・。


さて、このサイトのテーマである減量についてですが、ベテランの内藤大助選手も、初めての階級だった亀田大毅選手も、まったく問題なく減量できていたようです。

亀田選手はほとんど動かなかったからスタミナが切れないのは当然として、最初から激しく動き回っていた内藤選手も最後まで力が落ちませんでしたね。

内藤選手はこれまでの長い経験から、亀田選手は周囲のアドバイスで、自分に合った減量方法を実行できたのでしょう。

皆様も、どんな方法でもいいから、1度、決めた日に決めた体重まで落とす、というダイエットを経験をしてみてください。

それを何度か繰り返してみると、自分に合った減量法が見つかり、無駄のない体が手に入ると思います。